大人・子供のアトピー性皮膚炎にフコイダンがお勧めな理由

フレイヤをご利用いただく方の中には本人やお子様のアトピー性皮膚炎にお悩みの方がいらっしゃいます。アトピー性皮膚炎の対策としては、できるだけ皮膚を清潔な状態に保ち、保湿を心がけることが重要とされています。

そこで注目されているのがフコイダンです。もずくをはじめ昆布、ワカメなどに含まれる成分こそがフコイダンであり、とても保湿性・保水性に優れていることで注目の成分となっています。

学会・大学でもフコイダンがアトピーに効果があると様々な発表がされています。

アトピーによって痒みが起こる理由

健康的なお肌は、皮膚の細胞の間にある水分や油分のバランスが保たれています。この時、お肌のバリア機能がしっかり働いていて、肌が刺激から守られている状態で、皮膚の細胞間に水分を保つことは、健康的なお肌をつくる要なのです。

しかしアトピー肌の場合以下のような問題が起こります

・角質層が乱れていて保水力がほどんどなくなっている

・バリア機能が壊れてしまって外部からの刺激に弱い

アトピー肌はこのような状態にある為、改善が難しくなっています。肌に水分をたくわえられなければ、健康な状態になれないのです。そこでフコイダンの特徴でもある「うるおいの持続力」。しつこいくらいに絡みつく水分が、しっかりと保湿してくれます。

フレイヤ美容液はそんなアトピーによるかゆみに悩まされている方、乾燥肌や敏感肌でお困りの方にもオススメの美容液です。

各種機関による発表

九州大学大学院

[ 抗アレルギー作用・抗炎症作用 ]

1)Th1/Th2 比調節

Th2 抑制(IL-2、-3、-5抑制)、粘液産生細胞抑制、好酸球減少

IL-4・ヒスタミン遊離抑2)炎症細胞抑制

アトピー性皮膚炎モデルマウス症状改善

参考:フコイダンとは|海藻由来酵素消化低分子化フコイダンの抗腫瘍効果の研究

http://www.agr.kyushu-u.ac.jp/lab/crt/fe/about.html

琉球大学

オキナワモズクから得られたアセチルフコイダンまたはその硫酸化物を有効成分とするヒアルロニダーゼ阻害剤又はアトピー性皮膚炎治療剤は、優れたヒアルロニダーゼ阻害活性を示し、アトピー性皮膚炎の症状を和らげ、アトピー性皮膚炎に対して優れた治療効果を示す。

オキナワモズクから得られたアセチルフコイダンを有効成分とするヒアルロニダーゼ阻害剤及びアトピー性皮膚炎治療剤は優れたヒアルロニダーゼ阻害活性を示すので、その作用を利用して抗アレルギー剤やアトピー性皮膚炎の治療等に用いることができるとともに、日常的にこれらの治療剤を含む飲食品としてこれを摂取することにより、アトピー性皮膚炎等のアレルギー性疾患の発生を抑制することもできる。

参考:オキナワモズク由来のヒアルロニダーゼ阻害剤又はアトピー性皮膚炎治療剤

https://plidb.inpit.go.jp/pldb/html/HTML.L/2011/000/L2011000803.html

カテゴリー: アトピーとフコイダン パーマリンク